設立の趣旨・目的・事業|本会は三つの理念に則って活動しています

公益社団法人生命科学振興会 本会は三つの理念に則って活動しています

生命の尊厳のために
 「いのち」の尊さは、人種や民族の壁を超えた人間すべてが平等であることと、人間としての尊厳性を認め合って、思いやりの心で共生することから始まります。更に生息する動植物に思いを致し、これらを育ててくれた地球が、大いなる生命そのものであることを認識しその尊さを忘れてはなりません。

人間・社会・自然の調和のために
 人間が共存していくため、互いに接し合う社会との調和なくして健全な人間社会は築くことができません。更に悠久の歴史を刻んできた大自然があり、その恩恵によって人間が生かされ、社会生活を営むことができるという認識が必要です。諸々の科学も哲学も宗教も、人間・社会・自然という三位一体の調和の中で共存することが、人間生存の理法、条件ともいえましょう。

生命を育む科学の創造のために
 「生命」の意味を問い質しましょう。とかく人間の自己本位に陥りがちな科学のあり方に転機がきています。人間の物質的豊かさ追求が、社会に弊害を与え、自然を荒廃させることのないよう、物と心が一致した科学を創造しなくてはなりません。より総合的な生き方の感性と知性(ライフサイエンス)を作り上げようではありませんか。